スノーシューデビュー

a0024571_18242732.jpg土曜の深夜に出発して、新潟は苗場スキー場そばの平標山に山仲間総勢4名で行って参りました。4時過ぎについた時は雪はちょっとしか積もってなくて雪ないね~と話していたのに、暫し仮眠して6時に起きたらガンガン降ってる。いきなり辺り一面真っ白!久々の雪だ~。なんか楽しい。でも寒い、寒すぎる。手袋しないと、かじかんで何も出来なくなります。手袋1つが死活問題な感じ。ひー、私は生きて生還できるのだろうか・・。今日は頂上まで行かずに途中まで行ってスノーシューで降りてくるという計画なのですが、雪がパウダーの新雪バリバリ。登っていくにつれ深いとこだとフトトモまで埋まるので、ラッセルが重労働になります。みなさんが初体験の私に、優しくラッセルをお勧めしてくれるのが泣けます泣けます。いじめか?でもヨタついて殆ど役に立たず。途中から遅れをとりつつ、なんとか目的地に着きました。稜線に出ると風ビュービューで吹雪き状態。寒すぎで長居できません。さっさとご飯を食べて下山する事にしました。スノーシュー装着!マヌケな私は家でセッティングしてくるのを忘れ、手間取ってしまいました。ああ、ごめんなさい。始めてのスノーシューは不思議な感じ。傾斜が結構ある場所はつんのめりそうになって、へっぴり腰になってしまいます。うわーみんな早い。走ってるし。私は登りで体力使いすぎて、ヘロヘロすぎて走りたくても走れない。でも楽しい。樹林帯に入ると風もなくなり、ダイアモンドアダストがキラキラしてて、とっても綺麗でした。まるで冬ソナ。ぶーちゃんが居たら冬ソナごっこ出来たのになあ。雪は全てを多い尽くし、私も穢れなき少女に戻りました(嘘)。しかし手袋外すと凍傷になりそうで、写真が全然撮れなかった・・。あと氷点下だと電池の減りがめちゃくちゃ早いのね。とにかく登りは死にそうになったけど、とても楽しかったです。ご満悦で帰りは猿ケ京温泉入って帰りました。
[PR]
by mocece | 2004-12-27 18:00 | 日常のたわごと
<< もけけ一家in草津 景気回復に貢献 >>