<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

久しぶりのキャンプ

a0024571_1616179.jpgこの週末、出産後初めてのキャンプに行ってきました。一緒に行ったのは息子の悪戯電話のお陰で10年ぶりの再会を果たした元同僚の友人で、息子とロッちゃんはぶーちゃんに託されてお留守番w。しかし梅雨明けしたとは思えない天候に、直前まで行くかやめるか悩みました。テントで雨天は悲しすぎるのです。でも悪天候だったら美味しいもの食べて温泉入って日帰りで帰ってもいいし・・・と思い切って決行。そしたらそれが大正解でした。土曜日は曇りでしたが雨は殆ど降られず、夜は無風で絶好のキャンプ日和。日曜日は朝から晴天で最高の行楽日和。土曜の朝の6時に家を出て、日曜日の夜の0時に帰宅というめいっぱいのスケジュールで久々のアウトドアを満喫しまくりました〜。あ〜ほんとに楽しかった。キャンプ場にある3時間弱のプチ登山コースも、岩場あり滝あり絶景ありでマイナスイオン浴びて癒されまくりでした。夜は七輪で焼肉して焚き火を見ながらガールズトークに盛り上がったし。温泉にも入ったし渓流沿いのドライブも気持ちよかったし。私の中のアウトドア魂にすっかり火がついてしまいました。登山計画も着々と進んでるし、今回はお留守番だったけど、息子もキャンプデビューさせる予定だし。今年の夏は盛り沢山で遊びまくる所存でございます。
a0024571_16162051.jpg

[PR]
by mocece | 2009-07-28 16:16 | アウトドア

夏だ祭りだ

a0024571_17381792.jpg
いやー、梅雨明けと共にうだる暑さですねぇ。夏は好きなんですけど、もうちょっと快適な気候(せめて朝夕は涼しいとか)にしてもらいたいもんです。アスファルトジャングルの輻射熱ときたら、半端じゃないですから・・・。3連休は何処に行こうかと思案してるうちにやってきてしまい、結局ぶーちゃんの実家のお祭りを見に行っただけで終わってしまいました。でも初日はどこもかしこも渋滞すごかったみたいなので、まあよかったんですけど。今年は母親に浴衣の着付けをおさらいして、夫婦で浴衣を着てみました。ぶーちゃんは父親のお下がりで、私は15年前くらいに買ったやつ。息子には甚平を買いました。はっきり言って暑いんですけど、やっぱりお祭りは浴衣の方が楽しいなあ。今年は何回か着たいと思います。
[PR]
by mocece | 2009-07-20 17:38 | 日常のたわごと

携帯をiPhoneに替えて

a0024571_1272742.jpg1週間が経ちました。替えたと言っても最新のはぶーちゃんに進呈して、一世代前のお古をもらいました。ぶーちゃんがいち早くiPhoneに替えてからも、わたくしは頑にドコモを愛用しておりました。理由としては使っていた携帯が防水&耐衝撃で乱暴に扱っても大丈夫で気が楽+アウトドア環境ではドコモが圧倒的につながる+私の母親も家族加入させているので変えると混乱する?というものでした。でもやはり夫婦で違う会社は家族契約できなくて不経済だし、アウトドアって言ったって今の私は殆ど行けてないし、まあ母親には頑張って慣れてもらいましょう・・・って事で思いきってソフトバンクつーかiPhoneに替えてみる事にしたわです(あまり乗り気はしませんでしたが)。案の定使い始めた当初はキーボード入力に慣れなくて、思惑と違うキーに触れてしまう度に「おんどりゃ〜」とちゃぶ台をひっくり返しiPhoneを投げ捨てそうになりました。「ああだから育児中の私にiPhoneなんて向いてなかったんだよー(怒)携帯なんてメールと通話ができりゃいいんだからさあああ」と激怒いたしました。トニモカクにもワケ分からんし、調べようにも息子がそれを許さないし。でもね、1週間使ってだいぶ慣れてきた今、すっかりiPhoneラヴになりました。便利だし、とにかく楽しい〜。特殊な故の不自由さは色々あるけど、それを補っても持つ喜びがあるってもんです。やっぱ人生守りに入っちゃいけませんね。これからもおばちゃま、新しい文明の利器を拒む事なく受け入れて生きていこうと思います(きっぱり)。あ、でもやっぱり不便だと思うのは、メールを勝手に受信してくれない、返信するともれなく引用されてしまう(他社の人に迷惑千万だと思うのだけど、面倒なので手動で消してられん)、充電がすぐなくなる、画面が汚れまくる、赤外線でアドレス交換できない等々。持ち運びにはムックについてたレスポのポーチを愛用しとります。
[PR]
by mocece | 2009-07-13 01:27 | 日常のたわごと

石けんラブ

最近石けんを愛用しております。お風呂用は勿論のこと、洗剤も合成洗剤から石けんのに変えました。シャンプーも私だけが美容院のいいやつに変えてぶーちゃんはラックスのままでしたが、この度生協の石けんシャンプー&リンスに変えました。さよなら界面活性剤&シリコン剤。我が家は容器を無印のに入れ替えて使っているのですが、ラックスを捨てて洗っても洗ってもヌルヌルが取れず、結局新しい容器を買い直しました。尋常じゃないヌメリ具合に、やっぱりあれは地肌によくないと思いましたよ。あと昔は汚れ落としにマイペットをめちゃくちゃ使用してたのですが、最近じゃすっかり世間でも定着した重曹&クエン酸を愛用しとります。ハイテク素材のスポンジやフキンを使うと、水だけでも落ちるし油汚れは熱湯だとよく取れるんですよね。合成洗剤を使わなくなってから、手荒れも軽減しました(それでもアトピー体質の私、水だけでも荒れしてしまうのですが)。しかし合成洗剤に比べると石けんて高い!洗濯用のなんて倍くらいしますから。でも柔軟剤を入れなくてふんわりするし吸水もよいので気に入っています。粉の純石けんは臭いがダメだったのですが、最近は液体石鹸でいいのがあるのでおすすめでございます。
[PR]
by mocece | 2009-07-13 00:56 | 日常のたわごと

等身大ガンダム

a0024571_14561890.jpg
お台場に期間限定で設置されている1/1スケールガンダムを、家族総出で見てきました。ぶーちゃんは公開前から既に3度も足を運んでいますが、私は初めてです。金曜日は前夜祭(?)でガンヲタのGacktも来てたとか。ヲタクさん大集合かと思って楽しみにしてましたが、来てるのは普通の家族連れと何故か柄の悪めな人達ばがりでした。おまけに20時頃行ったのにライトアップされてない。暗闇(と言っても都会の夜空はぼんやり明るい)に佇む巨大(全長18mだそう)な物言わぬガンダムさん。でも思ったより小さく感じたかも。息子は何故かハイテンションで終始興奮気味、ロッちゃんは夜風に吹かれるもゼハゼハ地獄、ぶーちゃんは3脚立てて激写、私は回りをギロギロしてました。暗くてiPhoneのカメラなんて全然ダメだったけど、流石1眼レフ、ISO100でなかなかいい写真が撮れました(実際は写真より全然暗いです)。ぶーちゃん曰く日中見た方がカッコいいらしいので、期間中にもう一度足を運んでみたいと思います。
[PR]
by mocece | 2009-07-12 14:56 | 日常のたわごと

剱岳 - 点の記

a0024571_22443192.jpg山好きとしてはやはり観ないわけにはいきません。でも剱岳、登った事ありません。初心者且つヘタレ山登ラーのわたくしには敷居の高い山でございます。いつかは登りたいような登りたくないような羨望の山。立山連峰も私には未開の地なので、映画の中の山々が全然分かりませんでした。ちょっと残念。ちなみに原作者が山岳小説を数多く書いている新田次郎って事と松田龍平(結構好き)が出てるって事くらいしか前知識がなかっ私ですが、かなり豪華なキャストだったのですね。しかも主役は松田龍平じゃなくて浅野忠信だった(汗)。浅野忠信もよかったけど、ヘルシア緑茶の人(名前なんだっけ・・・)がかなりよかったです。ヘルシア緑茶のCMではあんなにベタな演技なのに、本当は演技派さんだったのですね。見直しました。ラストはちょっと有りがちな展開でしたが(でも事実なのかな?)、面白かったです。撮影で200日くらい実際山に入っていたとの事だけあって、リアルに美しく険しく厳しい山の姿を堪能できました。興行成績もいいらしい。そいや明治の話なので装備が現在のハイテク素材からはかけ離れたものでしたが、わらじって密かにいいんじゃないかと思いました。登山靴より滑らなそう・・・。私も早く山登りしたいです。今年は復帰の夏!第一弾はおもひでの八ヶ岳を予定しとります。
[PR]
by mocece | 2009-07-10 22:44 | 映画

それでも恋するバルセロナ

a0024571_21421044.jpg息子をぶーちゃんに託して、久々に映画鑑賞をしてきました。大好きなウディ・アレンの映画「それでも恋するバルセロナ」です。えろえろフェロモンガールのスカーレット・ヨハンセンで3作目?(タロットなんとか見逃した・・)、なんだかニューヨーカーじゃないウディ・アレンにもだいぶ慣れてきた今日この頃。内容はお得意の恋愛劇か。物質主義で保守的(というか退屈?)なアメリカ人と精神主義で自由奔放情熱的なスペイン人という図式。笑い連発のコメディじゃないけど、ところどころクスリとくる。ラストは笑えたし。正気にかえってよかったねヴィッキー!思ったよりペネロペの出番が少なくて驚いたけど(でも本題「Vicky Cristina Barcelona」を見て納得)、評判通りいい演技でした。やっぱりペネロペはスペイン語が似合うなあ。スペイン映画のペネロペファンの私としては、ハリウッド映画のペネロペはどうもピンとこないのです。それにしてもウディ・アレン自身も言っていたらしいけど、バルセロナ自体が映画の重要なファクターとなっていますね。私も久々に行きたくなりました。ガウディ好きだし。あ、あとスパニッシュギターの調べを聞きながら熱い夜を過ごしたいですw。
[PR]
by mocece | 2009-07-07 18:20 | 映画