<   2004年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

北海道でっかいどう

会社の同僚が先週、北海道へぶらり一人旅に出かけてました。携帯カメラではリアルタイムに写真を送ってもらってたものの、今日改めてデジカメで撮った写真を拝見。彼は行く直前に20万円のデジタル一眼レフを買ってったんです。飛行機も直前に取った為、往復5万かかったって言ってました。トレッキングシューズやザック、ツェルトにゴアテックス雨具も散在し、総額40万の旅って聞きました。随分豪華なバックパッキング旅行だなぁ~おい。しかし北海道の空は広いですね。紅葉も綺麗でした。来年は絶対行きたい北海道。
[PR]
by mocece | 2004-09-29 01:17 | 日常のたわごと

温泉狂

a0024571_230402.jpg興味を持つと猪突猛進にのめり込む、イノシシ年のもけけであります。本日は「日本秘湯を守る会」のHPに釘付けで、日本全国津々浦々の秘湯に心を馳せておりました。近場で今一番行きたいのは、法師温泉「長寿館」という温泉宿。
それはそうと、先日雲取山で拾ってきた山栗で、栗おこわを作ってみました。固い山栗の渋川を剥くのに2時間もかかったよぉおお。腱鞘炎になるかとおもた。それから小豆を圧力鍋で8割方戻し、もち米で炊きました。山栗は小さいけど、甘くてとっても美味しい!店で売ってる大味のでかい栗とは大違いです。天然の物って本当に美味しいですね~。我ながら上出来。
[PR]
by mocece | 2004-09-27 22:58 | 日常のたわごと

草津温泉三昧vol.3

a0024571_21402293.jpg本日は朝8時に起きて、まずはホテルの万代鉱いっとけ!といそいそと風呂場に行ったのですが、熱すぎ。とても入れる温度ではありません。仕方ないので入浴を諦め、共同浴場の「煮川の湯」へ向かいました。今日は雨。霧が出ているのと温泉の蒸気で真っ白モクモクです。細い裏路地を歩いて15分ほどで到着。熱めではありますが、とってもいいお湯。ここの源泉は草津のどの旅館にも引いてなく、こことこの後行った大滝の湯でしか味わえないそう。透明のお湯ですが、とてもやわらかくて優しい感じ。そうそう、昨日万代鉱に顔をつけたら一部の皮膚が溶けて(?)ケロイド状態になりました。なったのはここ数日かゆくて赤くなっていた部分。ケミカルピーリング?!いやまじですごいです。これで数日後、おニュウな肌に生まれ変わるのでしょうか?ただれたまま残ったら泣くけど。10時チェックアウトなので、もう一軒寄りたかったけど諦めて宿に戻りました。それからチェックアウトして、車で大滝の湯へ。町営の有料浴場です。一階の大浴場に浸かっていい気分になってましたが、本当は地下に檜造りの「あわせ湯」といういい感じのお風呂があったみたい。しかも丁度女性専用タイムだったのに気づかなかった・・残念。ちなみに大浴場は何処も数箇所のブレンドらしく、ここは煮川と万代鉱らしい。共同のストレートの方がいい感じだったなあ。その後白根山の湯釜を見る予定だったけど、山頂付近はガスで真っ白だったのでやめて川崎に戻りました。色んな源泉に入ったけど、メジャーな「湯畑」に入りそびれた~。でも大満足でした。草津ラブ。
[PR]
by mocece | 2004-09-26 21:38 |

草津温泉三昧vol.2

ただ今湯めぐりをしてきました。あづー。草津の温泉どれも温度高いです。ジリジリきます。でも本当に濃ゆい!かなり感動しました。まず入ったのが「白旗の湯」。檜造りのいい感じです。湯畑のすぐそばなせいか、観光客率高し。白濁した湯はやわらかめでトロトロです。かなり気に入りました。お次は「地蔵の湯」。こちらは打って代わって地元率高し。入った瞬間に「ちょっと、おねーちゃん!」と主っぽいおばさんから声をかけられました。マナーが悪い一見さんには渇が入るとネットで読んでいたので、「うわ!やってもうた!」とビクビク。でも何てことはない、浴衣を右前に着ていて注意してくれたのでした。ほっ。ここのお湯もうっすら白濁でトロトロです。しかし熱い。毎日入ってる地元民は慣れてしまって全然熱くないそうですが・・。おばさんから草津温泉の話を色々聞かせて頂きました。うーん、こういうのっていい感じ。公共浴場イイ!その後湯畑源泉のお風呂を一軒廻る予定だったですが、道に迷って辿りつけませんでした。仕方ないのでホテルに戻って内湯(源泉は万代鉱)に入りました。風呂自体はボロいのだけど、客も殆どいないのだけど、流石は草津!掛け流し。綺麗なお湯です。万代は一番刺激が強いと聞いていたけど、本当にぴりぴりします。傷にしみる~。地蔵のおばさんが言っていたけど、草津の湯は傷とかあせもとかはアっという間に治るらしい。。私はアレルギー持ちで皮膚のトラブルも多いので、羨ましすぎる。毎日入りたい!もしくは一月くらい居て湯治したい~。明日は色々観光しようかと思ったけど、今回は温泉に浸かりまくる事にしました。明日も早朝から湯めぐりしちゃうぞ~。ではおやすみなさい。
[PR]
by mocece | 2004-09-25 23:26 |

草津温泉三昧vol.1

a0024571_2045941.jpg週末は栃木の友人宅で稲刈り&カヌーをする予定でしたが、天気が芳しくなさそうなので急遽中止。代わりに最近心を奪われている草津温泉にやって参りました。今現地からの書き込みです。本当は純和風の渋い旅館に宿泊したかったのですが、お高いので温泉ビジネスホテルという怪しげな所に宿を取りました。見た目はアチャーな感じですが、素泊まり4750円で和室の部屋はまあ許容範囲。何より仕事の関係でぶーちゃんがネットを使えないといけなかったので、無線LANが引いてあるのがポイントです。湯畑までも遠くないし、いちよう温泉もあります。草津と言えば1に温泉2に温泉3-4がなくて5に温泉!各旅館の内湯や日帰り温泉の他に、18箇所の共同浴場があります(無料!でもいちよう町民向け)。今夜は白旗の湯と地蔵の湯、千歳の湯に入る予定です。湯あたりしないように気をつけないとね。楽しみだわ~。でわまた後ほど。
[PR]
by mocece | 2004-09-25 20:03 |

谷川岳!

a0024571_1392742.jpg昨日、インターネットで出会った登山好きの面々と谷川岳へ行ってきました。しかし関越自動車道に乗るまでに渋滞にはまってしまい、先発隊を現地で2時間以上も待たせることに・・・(汗)。おまけに霧雨&濃霧で天気激わる。でもめげずにロープウェーに乗り、天神平から頂上を目指しました。谷川岳は2000弱の標高ながら、気候の厳しさから3000m級の山の様相をしているらしい。危ない個所は全然なかったけど、途中から岩だらけで鎖も所々現れます(使うほどではない)。ワシワシと登って1時間半ほどでトマの耳に到着。だいぶ早いタイム。頂上付近に達すると一瞬ガスが流れて晴れ間が見えました。写真の雲海はオキの耳から。紅葉も頂上付近はかなり綺麗でした。晴天だったらすごい高度感があるらしい。ガスで眺望はほぼゼロだったのが残念でした。初めてのグループ登山(計6名)で不安もありましたが、とても楽しかったです。帰りは水上温泉に浸かって帰りました。新参者のわたくしを暖かく迎え入れてくれたヤングな皆様、どうもありがとうございました~。
[PR]
by mocece | 2004-09-25 01:37 | 登山

42歳厄年

そーいや最近、鳥肌実の公演行ってないな~。っていうか全然聞かないけど、まだ活動してるのだろうか??と思って検索してみたところ、健在でした。1ミリも変わってなさそう・・・(ネタも)。近々東京公演あるではないか~。って今週の金土じゃん。行けないや・・残念。
[PR]
by mocece | 2004-09-22 15:35 | 日常のたわごと

The Strokes

先日TUTAYAでレンタル半額の時にCDをいっぱい借りてきました。車で聞くように。その中で一番気に入ったのがThe Strokesの「This is it?」という1stアルバム。洋楽は1年だかレンタル禁止なんだよね?確か。だから新しいのは全然なかったんだけど、これは大変気に入りました。え?今時遅いって?いいんですぅー。かなり気に入って毎日ハードローテションで聞いております。iPod欲しいなあ・・・
[PR]
by mocece | 2004-09-22 11:50 | 日常のたわごと

雲取山お疲れ山vol.2

a0024571_1454617.jpg翌朝は5時半に起床。6時すぎに身支度をし、山頂を目指しました。スギ植林の多い奥多摩にあって、ここは自然林ばかりでとても気持がいいです。どんぐりや栗がいっぱい落ちていて、バサっという音に顔を上げてみるとリスがいます。ああもうそんな季節なのね~。しかし無風でなんか暑い。それほど急登じゃないのに、汗ダクダク。なかなか調子が上がりません。あと道幅が狭くてヨロつくと片側の谷に滑り落ちそう。危険な箇所はないのだけど、私は歩き方が悪いのかよく躓くんです。だから結構危ない。2時間半で頂上につきましたが、生憎のガスで眺望はほぼなし。先週の奥穂に比べると低いな~って感じ(笑)でもまあ、いい山です。気に入りました。あと頂上に立派な避難小屋がありました。昨夜泊まった人達としばし談笑。今回は単独行だったのだけど、色んな人といっぱい話したな~。これもまた良しですね。のんびりしたい所だけど、帰りもまた渋滞にはまると嫌なので早々に下山。テントも素早く撤収して車に戻りました。林道を汗ダクダクで歩く人達を乗せられるだけ拾い、奥多摩駅でおろしたりして自宅に戻りました。でも途中で渋滞はまって帰る頃にはぐったり。登ってるより運転してる方が長かった・・・とほほ。奥多摩は電車に限るわね。
[PR]
by mocece | 2004-09-21 14:52 | 登山

雲取山お疲れ山vol.1

a0024571_14375156.jpg3連休、結局雲取山に登ってきました。夕方頂上に着く計画で、日曜11時に自宅出発。しかししかーし、いきなり渋滞で車ビクともしません。あわてて中央道に乗ってみるものの、更なる大渋滞。や~ら~れ~た~。結局現地(後山林道の終点)にたどり着いたのが夕暮れ間近の4時45分。うわーん、6時間もかかった・・。という事で計画変更。登山口から30分ほどで着く三條小屋(三条の湯)でテントを張ることにしました。写真の通り、渓流沿いにテン場がありなかなかいい所です。ここは奥多摩駅からもバスで40分ほどかかるようで(更にバス停から林道歩き3時間弱!)、かなり山深い所です。渓流も綺麗ですっかり気に入りました。嗚呼もっと早くついて、のんびり読書でもしたかったなぁ。テントを張る頃にはすっかり暗くなってしまったので、早速夕飯の準備です。これで焚き火が出来たら言うことないのに(国立公園内で焚き火は不可)!夕飯の後は持参した蝋燭の明かりの元、コーヒー炒れて読書しました。渓流の音以外は静かでリラックス。寝る前に三條小屋の鉱泉に入ってサッパリ。頂上行かなくて正解だったかも。キャンプだけしに来たいな~。(グレーのがマイテント)
[PR]
by mocece | 2004-09-21 14:36 | 登山