カテゴリ:登山( 45 )

念願の表銀座

a0024571_1251757.jpgこの3連休に、北アルプスの燕岳〜常念岳を縦走してきました。ここは表銀座と呼ばれる、北アルプスきっての眺望のよい初心者向けメジャールートであります。わたくし4年前に一度計画していたものの悪天候で流れ、その後妊娠出産をしてしまったので、ずっといつの日か行きたいと思っていた念願のコースでもありました。ハイライトである2日目の稜線歩きが晴天で眺望もよく、もう楽しくて楽しくて夢心地でした。今回は2泊とも小屋泊だったため、荷物も軽くてご機嫌だったし。嗚呼もうテント泊には戻れないかも・・・。一緒に登った友人と、来年は槍ヶ岳と白馬岳に登ろうと誓いを立て、わたくしの今年の夏山は終了いたしました。3日間息子とロッちゃんの面倒を看てくれたぶーちゃに感謝です。

写真はこちら
[PR]
by mocece | 2010-09-24 01:25 | 登山

リベンジ赤岳

a0024571_0175042.jpgいや〜毎日想像を絶する暑さですね。夜もまさに熱帯夜。とはいえ、今週は実家に帰ってたので海で泳いだりしてご機嫌な日々でしたが。それはそうと、海の日の連休に八ヶ岳の最高峰、赤岳(→阿弥陀岳)に登ってきました。この山は昔一度ぶーちゃんと登頂しようとした事があるのですが、その時は天候不良により途中のテン場で一泊してそこで敗退してしまったのです。なのでずっと心の片隅で「いつかリベンジしてやるぞお」と思っていました。今回晴れてリベンジ成功。しかも18-19日で行ったのですが、天候にも恵まれて念願の雲海&ご来光&くっきり稜線も見れて気分最高でした。それから、今回生まれて初めて山小屋に泊まってみました。この連休は夏山シーズンでも一番混むと言われていて、そんな日に山小屋泊は恐怖でもありましたが思ったより快適でした。寝床はまあアレなんですけど、山頂直下にありながら五右衛門風呂もあり、ご飯も美味しかったです。なんと言っても楽ですね山小屋は。というか、今回久々の高山だったことや暑くて滝汗かいたせいかバテバテになり、テントを担いでいかなくて良かった〜と心底思いました。山を舐めたらあかんです。上の方はガレ場や鎖も多く、全身でスパイダーマンのように登りました。最初ちょっと怖かったけど、そのうちアドレナリン大放出で楽しくて仕方なかったです。やっぱり樹林帯の歩きよりよじ上り系が楽しいわあ。標高もぐんぐん稼ぐし。ああでも1つ悲惨だったのが、駐車場の美濃戸口から行者小屋まで、大量のアブに追われた事です。大発生してるらしく、休憩しようもんならグワーーーーっと大群に囲まれてしまうので、おちおち休憩も出来ずに歩き続けました。それもあってバテたのかも。でも楽しかったです。帰りは中央道の渋滞を避けるために現地で温泉入ったりご飯食べたりして深夜帰宅。留守番組のぶーちゃんと息子は1日目→ビックサイトのおもちゃショー、2日目→ぶーちゃんの実家&お祭り、3日目→近所のじゃぶじゃぶ池 で楽しく過ごしたそうです。よかったよかった。

写真はこちら
[PR]
by mocece | 2010-07-23 00:17 | 登山

三頭山登山と氷川キャンプ場

a0024571_0182721.jpg去年よりささやかに再開した登山ですが、今年もマイシーズンの開幕を迎えました。テント泊したいな〜と思ったのですが、永らくのブランクに不安を感じ(このところ体調不良だったし)、足慣らしを兼ねての軽登山と麓でのキャンプをする事にしました。選んだのは以前に一度登ったことのある、都民の森発の三頭山周遊コースです。しかし行ってあまりの人の多さにびっくり。登りは一番遠回りな道をチョイスしたので殆ど人がいなかったのですが、山頂は大賑わいでした。噂には聞いていたのですが、プチ登山ブーム、本当みたいです。この手の初心者向けコースは凄く人が増えました。特に若い人と家族連れ。私が登り始めた7年前は若めの女の人が殆どいなくて、一人で歩いてたりすると驚かれてよく声をかけられたりしたものです。「若いお嬢さんが珍しい」とかなんとか。いや当時から下界では全然若くなかったのですが、山では本当に若かったのです。でも今では私なんてただのおばさん・・・(涙)まあそんな話はさておき、新緑がすごく綺麗でブナの森最高でした。キャンプは本当は近くの「山のふるさと村」でしたかったのですが生憎満員(25張しかできない+イベントが行われていたらしい)で、他に目星しい所もなかったので奥多摩駅近くの氷川キャンプ場にしてみました。ロケーションはいいんだけど、私がよく行くキャンプ場とあまりに違う客層にびっくりでした。ほぼ学生の宴会場w。渓流の音も相まって、雄叫びも子守唄状態で寝れたので問題なかったですが。でもこの季節であれじゃ、夏は相当やばいと思われます。静寂好きには向いてないですね。日曜は朝から雨だったのでとっとと撤収して、友人に教えてもらった秋川渓谷の「瀬音の湯」という温泉に寄って帰ってきました。この温泉施設、ご立派でびっくり。掛け流しの内湯はph度が高くローションぽいツルヌル感があってかなり気に入りました。肌によさそ〜。こんな温泉が近くにあるなんて羨ましい。日の出町やあきるの市のあたりは環境もよくて思わず移住したくなりました。次はどの山登ろうかなあ。 P.S.ぶーちゃんと息子とロッちゃんお留守番でした

写真はこちら
[PR]
by mocece | 2010-05-24 00:20 | 登山

憧れの秋の涸沢は初雪のち快晴

a0024571_23275382.jpgこの3連休、今シーズン締めの登山として(ほんとか?)上高地から涸沢に行ってきました。秋の涸沢と言えば紅葉が有名で、例年3連休が見頃となり当たり年などはこのような感じになるらしいのです。しかし今年は冷夏だったせいか紅葉前線がめちゃくちゃ早く、既に2週間前くらいにピークを迎えたとのこと。がっくし。でも予報では3日間とも晴天とのことで、久々の上高地に胸を踊らせながら気合いを入れて3:30amに家を出たのでした。あ、行ったのは友人とでロッちゃんと息子はぶーちゃんに託しました。しかもアウトドア環境に全く電波の届かないソフトバンクなので、3日間音信不通ですw。しかし秋晴れの上高地をうきうきトレッキングのはずが、何故か雲がどんよりで途中から霧雨が。そして更に雨が強くなり、涸沢への登りの途中から想定外の雪となりました。テント背負ってヘロヘロになりながら、頭の中では山下達郎のクリスマスイブが流れるわたくし(涙)。やっとこさっとこ到着して急いでテントを張って寝袋に入るも、あまりの寒さに震えが止まりません。来たことをほんのり後悔しつつ、フリースにダウンに兎に角持ってた服を全部着込み、テントの中で夕飯をつくってホカロン貼って19時前にプルプルしながら床につきました。しかし途中で「わ〜、星がすご〜い」というギャルの声に目覚めて外を見ると、雪もやんでまさかの満天の星(嬉)。標高2300mで見る星は本当にこぼれ落ちそうなばかりなのです。暫しみとれつつも、やはり寒いので再び床につき、でもその後は温度も下がらなかったようで朝までぐっすり快眠させていただきました。翌朝またもや野外の「すごいいい天気〜」という声に目を覚ますと、本当に雲一つない晴天に朝焼け寸前の穂高連峰が神々しくそびえ立っているではないですか。ああ生きててよかった。急いで起きて朝焼けを堪能した後、再び眠りにつくわたくし達。寝てばっかしw。次に目を覚ますとテントの中は温室でぽっかぽか。お天道様のありがたみを心底享受するわたくしなのでした。それから起きて濡れたものを天日に干し、パノラマコースを散策に出たりして、夏山のような快適な涸沢を堪能しまくりました。いやほんと最高でした。ちなみに雪がなければ登りたかった奥穂は、途中が凍結、上は雪という事で断念。翌日下山して徳沢という場所でテント泊し、3日目に上高地に戻ってきました。その後中の湯温泉と乗鞍の湯けむり館をはしごし、帰宅したのは0時すぎです。終わりよければ全てよし。今となっては凍えた初日も楽しいおもひででございます。

旅の写真はこちら
[PR]
by mocece | 2009-10-14 23:27 | 登山

温泉三昧&硫黄岳登山

a0024571_2359127.jpgこの週末天候はいまいちだったものの、またもや息子をぶーちゃんに託して山に登ってきました。しかも久々のテント泊。しかし高速道路の混雑が最悪で、行きは5時に出たのに渋滞にはまりまくり(涙)お陰で到着が遅くなり、ガスも出て来ちゃったので土曜日の登山は中止と相成りました。しかし今回の拠点となった八ヶ岳の本沢温泉は素晴らしい事に温泉が湧いていて、2つの異なる泉質の温泉が楽しめるのです。おまけに1つは開放感絶大な野天風呂。囲いもなにもない湯船で混浴&登山道から丸見え。女子には限りなく難易度高い温泉です。しかし偵察に行ったらもう、入らずには居られません。人間なんて大自然の中ではちっぽけな存在・・・私も友人も裸を見られるとかどうでもよくなってw、思いっきり混浴しちゃいました。でも白濁だし、今まで入った温泉の話なんかで盛り上がり楽しいひと時を過ごす事ができました〜。翌朝も朝の5時から朝焼け見ながら入ったし(この時は2人だけ)、小屋の内湯も最高によかったし、写真は取り忘れたけど下山後に稲子湯韮崎旭温泉にも入りに行ったし、まさに温泉三昧。とろけました。肝心の登山も、山頂では360度の眺望がバッチリで大満足。心は既に次の山行に想いを馳せております。縦走したいな〜。ちなみに留守番組は、ぶーちゃんの同僚のお宅(晴海のマンション)にお呼ばれして、東京湾の花火を部屋に居ながら真ん前で鑑賞したそうです。息子は巨乳のお姉さんにずっと抱っこしてもらってたらしいしw、よかったよかった。

旅の写真はこちら
[PR]
by mocece | 2009-08-11 00:00 | 登山

GWその1

a0024571_2134779.jpg
今更ですが、GWの出来事です。と言っても遠くに出かけた訳でもなく、地味に過ごしたのですが・・・。5/2に奥多摩の御岳山(というか、お目当てはロックガーデン)にハイキングに行ってきました。妊婦時代にもロッちゃんを連れて家族で行った思い出の地です。今回は既に暑いのでロッちゃんは家でお留守番、息子とぶーちゃんと3人で行ってきました。ロックガーデンは渓流沿いの新緑が目にも鮮やかなハイキングコースで、かなり気持ちがよかったです。でも息子が全然歩いてくれずに、私がずっと背負子で担ぎました。ぶーちゃんはちょっと前にギックリ腰をやっているので担がせるわけにはいきません!夏山に向けてのトレーニング代わりと思いましたが、正直荷物より重い・・・ハイキングコース以上を背負う自信全くなし。息子とはもっと歩いてくれるようになるまで登山はお預けだなあ。帰りに山菜をいっぱい買って、夜は天ぷらにして春を頂きました。うまうま。しかし混むだろうと電車で行ったら、10時間の行程と相成りました。づかれた〜。
a0024571_214514.jpg

[PR]
by mocece | 2009-05-11 02:14 | 登山

久々の山登り

a0024571_23564815.jpg妊娠する前の数年間はアウトドアに明け暮れていたわたくし。特にハマっていたのが登山です。しかし妊娠6ヶ月の時に福島の山(東吾妻山)を登って以来、2年間まったく登っていません(息子を連れて2回ほどハイキングはしましたが)。当時はテント泊の装備もなんとか背負って登っていましたが、今となっては体も鈍りまくり。でも息子も赤ちゃんを卒業しつつあるし、そろそろ復活の時?と手頃な山でリハビリ山行を開始してみる事にしました。それでこの休日に行ってきたのが、大菩薩嶺という(標高はそこそこ高いけど上の方まで車で行ける比較的楽な)山です。昔一度登った事もあるので勝手も知ってるし。しかししかーし、2年のブランクは思ったより大きなものでした。登りは全て私が息子を背負う意気込みだったのですが、なかなかの急登に息切れまくり滝汗かきまくり。1時間ほど気合で登りましたが、これ以上無理をしても迷惑かけるだけかも?と判断し、ぶーちゃんに交代してもらいました。でもなまった体に鞭打ちまくりなのは、かなり快感でもありました。肉体的にはドMかもw。登ってる時はめちゃくちゃ辛かったけど、今既にまた背負って登りたい気持ちでいっぱいですし。途中でぶーちゃんの足が攣ってしまったので、下りの半分は私も背負いました。すれ違う登山客から「あら、ママが背負ってるの!凄いわね」っていっぱい声援も受けましたw。ただ久々の登山で勘が鈍っていたのもあり、昼食用の水を汲み忘れたり道を間違えて1時間以上遠回りしてしまったりして反省点も多かったです。道を間違えたため大幅に時間をロスし、中央道の大渋滞にもハマってしまったし(涙)。でも楽しかったです。これを機に、ボチボチ山登りを再開していきたいと思います。

写真はこちら →久しぶりの登山-大菩薩嶺
[PR]
by mocece | 2008-09-25 23:56 | 登山

ご機嫌登山

今日は奥多摩の御前山に行ってきました。友人が車で奥多摩駅まで迎えに来てくれるというので便乗登山です。天気がよくて登山日和だったせいか、「ホリデー奥多摩号」は中高年密度が最高潮に達してました。本気で年齢層高すぎ。私なんて世の中じゃナイスミドルですが、山の世界ではまるでティーンネイジャーなのでございます。ぽっ。それはそうと、車で行くと月夜野第二駐車場という山頂まで2時間弱の所まで上がれるのです。わお。軟弱登山部にぴったり。そしてこのコースはほぼ自然林の中&奥多摩湖ビューや富士山ビューありという素晴らしいコースなのです。おまけにカタクリという花も見れたし(そのせいで山頂は人で溢れてたけど)。新緑はあともう一歩という感じでしたが、山頂も見晴らしよかったし、かなり気に入りました。ああやはり登山は気持ちいいなあ。今年は軟弱返上でもう少し頑張ろうと、決意も新たにしましたです。帰りはバスだったので時間つぶしに「数馬の湯」に浸かり(しかし公営のこの手の温泉は銭湯より酷い。塩素臭すごすぎで、もはや温泉じゃないよ~。)、五日市経由で帰ってきました。バスで隣になったヤングメンと山談義で(いや、山談義つーよりヨタ話か・・)盛り上がり、長い道中も暇する事なく楽しませて頂きました。非常にいい一日でした満足満足。

a0024571_22184060.jpg

[PR]
by mocece | 2006-04-22 22:21 | 登山

本年初登山

久々に山が恋しくなり、ぶーちゃんを連れて奥多摩に行ってきました。登ったのは、去年の秋に紅葉を見に行った「三頭山」という山。今回もまた都民の森からのショートコースです。都内では桜の開花宣言もされたけど、山の春はまだですねえ。すぐそこまで来てる感はありましたけど、まだ雪もうっすらあるし空気がピンと冷たかったです。でも天気もまずまずで(写真では悪そうですが)、風が殆どなかったのですごく気持ちよかったです。聞こえるのは鳥のさえずりと沢のせせらぎのみ。嗚呼幸せ。日頃の喧騒を離れてリフレッシュしました。往復2時間半のお手軽登山でしたが、久々だったので適度でよかったです。これから私の大好きな新緑の季節ですからね、今年はまた色々な山に出かけたいと思います。

a0024571_17402951.jpg

[PR]
by mocece | 2006-03-25 12:46 | 登山

ハイキング日和

a0024571_22553155.jpgロッタの具合が悪かったのでギリギリまで悩んだけど、日帰りだし天気も絶好の行楽日和って事で丹沢に行ってきました。夏にお世話になった伊豆の松崎メンバーで、おやつタイム満載ののんびりハイキング。とは言っても急登(しかも階段)が結構多くて、なまりきった体には結構堪えましたです・・。あ~でも紅葉も綺麗だし、標高は低いながらも4つもピークを踏むプチ縦走でとっても楽しかったです。やっぱり登山は楽しいなあ。
[PR]
by mocece | 2005-11-28 22:55 | 登山