災難再び・・・でも大丈夫〜大丈夫〜(小島よしおの新ネタ)

日曜日に寝起きでぼーっとしていると、管理室からのインターフォンがピロピロと。こんな朝早よからなんじゃろ〜と出てみると、「上の階の方が漏水を起こしまして・・・今からちょっとお伺いしたいのですが宜しいでしょうか?」と言うじゃありませんか。一瞬何を言っているのか理解するのに手間取りましたが、思わず「えぇえええっ、またですかあああああ?」と絶叫してしまいました。だってだって、前回の漏水からまだ半年くらいですよ。修繕工事が完了したのなんて、ついこの前と言っていいくらいです。呆然。急いで浴室にいってみると、この前より量は少ないですが、天井から水が滴っておりました。がちょーん。日曜日なので前回チェックしてくれた業者さんがつかまらず今日来てもらいましたが、この前ほどじゃないにせよ、浴室の上はそれなりに水が来たみたいです。洗面所の上も。これから見積りを出して保険会社と交渉するらしいですが、浴室は天井とパネルの一部交換、洗面所は前回同様石膏ボードと壁紙、あと2回目ということもあって念のために隣の玄関と廊下、トイレも石膏ボードと壁紙の交換を見積るそうです。うぐぐぐぐ。水回りが新しくなるのは不幸の中にも多少の喜びもあるのですが、壁紙なんてまだ全然奇麗なので嬉しくありません。これからまたあの工程を繰り替えすのかと思うとウンザリです。管理のおじさんと業者さんにも「あんまりですね・・・でもこうなったら迷惑料も含めて新築目指しましょう!」なんて励まされましたよ。でも新築って・・・。車だって事故車は査定が下がるんです。資産価値下がってませんか?大丈夫なんでしょうか?でも夕方からは気分を取り直して、ご近所さんを呼んで新年会をしました。最近よく作る手作り餃子を振舞いましたよ。似たような年代の家族ぐるみのお付き合いで和気あいあいです。子供達はリビングの半分のキッズスペースに放牧し、大人達は飲んで食べてアダルトトークに盛り上がりました。かなり楽しかったです。都会のマンション暮らしなんてお付き合いとは無縁かと思ってましたが、犬仲間や子連れ仲間、はたまたご近所さんとかなり広範囲に知り合いができました。東京砂漠じゃなかったです。とても恵まれた環境に感謝。漏水もどうでもよくなりました。みなさん、ありがとう。
[PR]
by mocece | 2009-01-27 01:07 | 日常のたわごと
<< 美味しいコーヒー 草津で雪遊び >>