ロッタの怪我で欲望消滅

この日曜日、久しぶりに自然の中で大はしゃぎしたロッタ。パグ走り全開で牧草の中を猛ダッシュしまくりました。ロッタが楽しそうなのを見るのはホントに嬉しいっ。がしかし、帰ってきて疲れてぐっすり寝ていたロッタが、起き上がった途端よろついて足がもつれています。ロッタはてんかんを一度起こしているので、私はパニックになり心臓が止まりそうになりました。でも発作は起こしていません。すぐに病院に連絡しましたが、とりあえず様子を見て明日診察に行くことになりました。で、今日行って来たのですが、どうやら脳から来ている障害ではなく股関節亜脱臼という股関節が緩んでしまっている状態のようなのです。脳から来てるものじゃなくてホっとしましたが、でも心配な事には変わりありません。パグは元から股関節が弱めの犬種だから、あまり激しい運動はしない方がいいと言われてしまいました。暫く安静です。ロッタはびっこを引いているのにも関わらず、散歩が大好きなので散歩イケイケコールが激しくて困ってしまいます。かわいそうだけど、暫くは大人しくしていようね・・。しかしこういう事が起こると、それまで自分の中に渦巻いていてた不平不満や欲望が一気に消え去り「ロッタが健康で長生きしてくれたら何もいらない!」と心から思ってしまう私です。業の深い人間なのです。よかれと思って遊ばせたのが裏目に出てしまい、結果大好きな散歩を奪ってしまいました。悲しくて仕方ありません。一日も早く元気になってほしいです。
[PR]
by mocece | 2007-06-25 17:32 | 日常のたわごと
<< ロッタの経過 デジカメ購入 >>