ノーベル文学賞

ノーベル文学賞が決まりましたね。トルコの作家、オルハン・パムク氏が受賞したらしいです。村上春樹無念っ。しかし、村上春樹がノーベル賞って全然ピンとこなくないですか?正直言って。いや、私は村上春樹が好きなのですよ。mixiでもハルキストってコミュに参加してますし。でもノーベル賞はどうかな・・なんか違う気がするんですよね。選考基準が-(1)人道主義・進歩主義的な作家、と、(2)純粋に文学的にすぐれた成果を収めた作家-の2つらしいので、(2)だけを考えるならまあ受賞しても変じゃないかもしれませんがね。とか言ってみたところで所詮は、「ノーベルって響きが現代文学にいまいちマッチしてない気がする」レベルの単細胞な先入観なんだと思いますが・・。日本人で過去に受賞したのが川端康成と大江健三郎でしたっけ。候補に挙がったの作家には、谷崎潤一郎、西脇順三郎、三島由紀夫、安部公房なんかがいるらしいです。ちなみに歴代の作家一覧を見てみたら、全然知らない人ばかりでした。外国人の作家に疎いってのもありますが、こんな私がノーベル文学賞を語るのもお門違いですね、はい。そいやサルトルは辞退したんですって。いや、知ってる名前が出てきたから言ってみたかっただけです。
[PR]
by mocece | 2006-10-12 21:29 | 日常のたわごと
<< 復活 もけけ遺産 >>