お見送り

ぷぅが入院してからずっと冷たい雨が続いていましたが、今日は久々の晴天。苦しみから解放されて安らかに天国へ登っていくのを、天気も表しているかのようです。昨夜ははぶーちゃんと昔撮ったビデオを見たり思い出を語ったりして、ぷぅと一緒に最後の夜を過ごしました。毎日の生活に追われて時の流れに気づかなかったけど、改めて時は過ぎ行くものだと実感。今日は会社に行っても酷い顔すぎるので、在宅作業にしてもらって午前中にペット専門の火葬をお願いしました。プレーリードックみたいな小動物でも、骨はきちんと残ります。げっ歯類なので、立派な歯も残りました。小さな小さな骨壷にすっぽり入ったぷぅを抱きしめたら、あたらめて居なくなってしまった寂しさがこみあげてきました。当分は立ち直れそうもないけど、少しずつ頑張らなきゃ。しかし動物って本当に無償の愛なんですよね。いっぱいもらいすぎて、全部返しきれなかったな・・。
[PR]
by mocece | 2005-04-14 15:07 | 日常のたわごと
<< 嬉しかったこと 深い悲しみ >>